ウォッシャー液

この季節お世話になることが多い、

「ウィンドウォッシャー液」。


成分はエタノールと界面活性剤。

エタノールはアルコールの一種。

そして界面活性剤とは、

台所洗剤に使われているヌルヌルの液体です。

この2つの混合されたウォッシャー液が

フロントガラスの汚れや霜を落とします。


ウォッシャー液の代わりに水でもいいんじゃない?

なんてことをたまに耳にしますが

寒くないときならそれもありです。


でも氷点下になれば確実に凍ります。

出そうと思っても出ませんので

それは心得ておいてください。


またウォッシャー液を水で薄めて

入れる方もいらっしゃいますが

それも凍る確率高いので

お勧めできません。


ウォッシャー液の補充って

案外忘れがちで、

肝心なときに出ず、

かなりヤバイ経験をされた方も多いのでは?


僕も昔、雪の高速道路で

ウォッシャー液が出なくなり

危険な事態に陥ったことがあります。


その時は飲みかけの

ペットボトルの烏龍茶を入れました(汗)

本当はおしっこを入れようかと思いましたが

さすがにそれはやめました(笑)


ウォッシャー液、

そんなに高価なものではないので

予備に一本、クルマの中に入れておくこと

お勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする