リビルト品 

自動車の故障、

部品交換が必要になった場合、

新品に交換だと「げげっ!!」と驚く修理代でも

リビルト品だと半額以下で済むケースが結構あります。

「リビルト品って何??」

リビルトとは「再生」を意味します。

廃車などで使用済みとなった

自動車の部品を取り出し分解・洗浄、

劣化したパーツは新品と交換、

まだ使えるパーツはそのまま再利用、

そして再構築した部品がリビルト品になります。

保証期間も最短6ヶ月~最長2年ついており

なにもしない中古品に比べ安心です。

あと2年くらいは乗りたいクルマの修理

でもそんなにお金はかけたくないなぁ

というケースの方にはとても喜ばれます。

ただ、どんな部品でもリビルト品がある、

というわけではありません。

ベルト類やブレーキ関係など

消耗するものはリビルトできません。

また、バンパーやドアなどはリビルトせずに、

傷がついた状態のままの「中古部品」として

流通されているケースが多いです。

リビルト品、

クルマの故障の際に思い出してくださいね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする