新車は消費税増税前に買うべきか?

今年の10月に消費税が10%に増税されます。

たかが2%の増税と言う人もいますが、

自動車の場合は2%とはいえ、

数万円のUPとなります。

(300万円のクルマなら6万円のUP

おすすめドライブレコーダー

でもまだ4ヶ月以上も先の話でしょ?

いえいえ

もう4ヶ月しかないんです。

今、新車の納期はどんどん伸びています。

注文して1ヶ月以内で登録になる新車を

探すのは難しいのではないでしょうか?

スズキのジムニーなんて、

未だに納車が1年待ちだとか・・・

ここで「登録」という言葉が出てきましたが、

新車の登録とは、そのクルマが

陸運局で初めて登録された日のことを言います。

つまり人間でいう誕生日ですね。

で、登録日がそのまま納車日となるかというと

ここらへんはディーラーさんの都合もあり

登録だけ先に済ませ、

その後に付属品をいろいろつけ

納車は登録日から1週間以上も先、

なんていうケースは結構あります。

登録から納車までの使っていない日数分、

次回車検まで短くなるということを

お客様が理解されていれば良いのですが、

果たしてどうなんでしょう。

あ、ちょっと話が横道にそれました。

消費税が10%になるかどうかは

新車の登録日によって変わってきます。

9月中の登録であれば8%、

10月に入ってからの登録であれば

10%になってしまうということです。

なら9月登録の方がいいじゃん!!

ということになるのですが、

実は一概にそうともいえないようなのです。

というのも消費税UPに伴い、

今まで自動車に関する悪税と言われていた

「取得税」が廃止になります。

これはメーカーがディーラーに卸す、

いわゆる「蔵出し価格」に3%かかる税金です。

そうなると消費税2%UPと比べると

ほぼ同じでいいんじゃない、

ところが、ぎっちょんちょん(これ死語?)。

取得税の代わりに「環境性能割」

という制度が10月から導入されます。

これは簡単に言うと、

燃費が悪いクルマには税金かけちゃうよ~ん、

という制度です。

更に現在も適用されている重量税のエコカー減税が

環境性能割にマッチしたクルマには適用されない、

つまり普通に重量税が課税される、

という可能性があるようなのです。

ということで、

現時点では9月中に登録した方が

有利なのかな?という感じがします。

でもディーラーさんだって

10月以降の反動減を見越し、

その分、値引き上乗せをしてくる可能性は

あるんですけどね(本当はそれダメなんですが)。

いずれにしても

新車に乗り換える予定がある方は

そろそろ準備に入らないといけませんね。

今日も最後までお読みくださいまして

どうもありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする